白髪染めを使用するときの注意する点

最近の白髪染めは、とてもよくできているものが多いので、使用する側としても、とても嬉しいことですね。
そんな白髪染めですが、いろいろなものがあって迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

家庭用の白髪染めには大きく分けて3タイプ

自宅で利用できる白髪染めには大きく分けて3つのタイプはあります。
一時的に染めることができるもの、持続時間があまり長くはないですが髪の毛へのダメージがあまりないタイプのもの、髪の毛の内部までしっかりと染料を浸透させるタイプがあります。
これらは、それぞれに良いところもあれば、注意しなければいけないところもあります。
ヘアカラーは、内部までにしっかりと染めてくれるので、白髪染めの中でも長持ちするタイプのものですが、継続して使っていると、髪の毛がパサついてしまったり、痛んでしまうことがあります。
人によってはアレルギー反応が出てしまう人もいますので、使う時には注意が必要になります。

アレルギーに敏感なかたは、ヘアマニキュアのタイプが良い

髪の毛の表面を主に染めるタイプのヘアマニキュアは、肌が弱い人や、アレルギー反応が敏感なかたなどにおすすめのタイプです。
このタイプの白髪染めは、髪の毛を内部まで染めるのではなく、表面だけを染めるので、髪の毛の中の成分を壊すことなく染めることになります。
イメージとしては、指にマニキュアと似たような感じです。
髪の毛へのダメージは比較的ヘアカラーに比べれば少ないですが、その分、持つ時間が短いということがあります。
内部まで浸透していないので、あくまで表面を染めるものですから、当然あまり長持ちしないというのはしょうがないことでもありますね。

自宅で白髪染めをするのは、初めての方ですとどのようなもの使えば良いのかわからないでしょう。
あまり難しく考えずに、大まかに分けて3タイプに分けられるということだけ覚えておけば良いです。
髪の毛の内部までしっかりと染めるタイプ、髪の毛の表面だけを染めるタイプ、一時的に染めるタイプがあります。
それぞれメリット、デメリットがありますので、使用する目的に合わせて使ってみてください。

白髪染め 時間 TOPへ